佐波雑記帳

主にSideMに関する情報やライブの感想などを綴ってます

SideM 第11話 「風薫る日の決意」感想

プロローグ

ライブの告知PVを撮る315プロのみんな。

全員ユニット衣装を着ていよいよライブ直前という感じがしてます。

 

Jupiter 慣れているのか緊張もなくそつなくこなしています。

S.E.M 堂々としていますが硲さんの台詞が長くて途中カット

W この二人もカメラ慣れしてるのか上手い

HighJoker 隼人が緊張しまくりで途中噛んでるのが隼人らしい

Beit 作り笑顔がぎこちなさすぎる恭二。めっちゃ引きつってるし、輝が乱入してきたときの顔すげーな…ちょっと怖いw

 

輝「恭二!ドライブ行こうぜ!GO ドライブ…ごう どうライブ(合同ライブ)」

なんか久しぶりに輝のダジャレ聞いた気がする。

そして輝が恭二と肩組んでますが、この二人の組み合わせって珍しいですね。

ここで翼の「もしかして…今のギャグですか?」

ゲームのセリフが使われてますね。

 

旬や夏来から告知してくださいと突っ込まれる輝ですが、

最後は翔太が美味しいところ持っていってOPに突入。

 

相変わらずわちゃわちゃしてて好き。

 

 

 

事務所でPV鑑賞

告知感があった!と喜んでいる輝ですが、隼人と恭二は上手くできなくて

落ち込んでいる様子。

二人とも二人らしい感じで個人的には好きだけどなぁ。

 

何の撮影かわからないですが、事務所内で撮影しているHighJokerW

旬が隅っこにいて遠慮しているのを、隼人が旬の腰を掴んで

真ん中にまで連れてくるのがなんかちょっと可愛いと思った。

前回の流れからもっと仲良くなってる感じがでてました。

 

 

 

ライブのグッズ

見本を見てこれなんかアイドルっぽいと喜んでいるみのりさんと

「ぽいじゃなくてアイドルっすよ」と突っ込む冬馬。

 

落ち着いている冬馬だけど、昔の初ライブのときはそわそわしてたのに

今は大人になったと翔太、北斗から茶化されます。

茶化すな!と怒る冬馬ですが、仲がいい感が出てていいですね。

 

 

 

ライブに向けて

こんな大きなところでライブをするんですねと緊張気味の翼ですが、

輝は「これから先何度もな!」と満面の笑顔。

それを見てみんなも嬉しそう。

 

四季は「今すぐライブしたいっすね!」とテンション上がりまくりですが、

硲さんから「ライブまでの積み重ねも重要。今ある仕事やレッスンを頑張ろう」と、

次郎さんからは「その熱はじっくり溜め込んでおこう」とアドバイス

やっぱり二人はこんなところでも先生ですね。

 

そんな中、今後のことで話があるとPに伝える薫。

ついに薫に大きな動きがありそう…

 

 

 

ソロ活動

B級グルメスタジアムのゲストとして参加するドラスタの3人。

その楽屋でソロ活動を行うことを宣言する薫。

輝と翼はライブも近いのにどうしてと困惑ぎみ。

 

特に翼は「DRAMATIC STARSは?」と薫がドラスタを辞めるのではないかと

本気で心配しているみたいです。

薫に奮い立たせてもらって今の自分がある翼にとっては、

輝のこともそうですが、薫のこともドラスタのメンバーとして本当に

大切に思っているんだなと個人的に嬉しかったです。

 

どうして急にと理由を聞かれて返答に窮しますが、

輝は「うちの知名度が上がれば色んな所でライブの告知ができるからだろ!」

と薫の意図を推察します。

まぁ当たらずとも遠からずと言ったところはありますね。

 

真意を答えるのが面倒なのか「まぁそういったところだ」と答える薫。

それなら俺もとソロ活動をPに願い出る輝。

それを聞いて薫が本気で面倒くさそうな顔してるのが面白いw

 

そして久しぶりの斎藤社長の登場!

「パッションあるところにパッションあり!

 私のパッションについてこれるか!?」

相変わらず安定の斎藤社長ですねw

 

翼はどうするかとPに聞かれて自分はライブに集中したいと答える翼。

 

三者三様の活動方向になってしまいましたが、

コレが今後ドラスタにどういう影響を及ぼすのか…

 

 

 

ライブのレッスンとソロ活動

レッスンをこなしながらそれぞれのソロ活動をする輝と薫。

輝 猛烈にデキる!法律相談所(テレビ番組) 

  風雲バラエティ城(オーディション)

  料理番組

薫 ファッションモデル 

  刑事ドラマのオーディション 

  眼鏡の広告モデル

 

キャラクターの違いなためかだいぶ方向性が違いますね…

輝は体を張ってる感じ、薫はビジュアルとスタイルで勝負的な活動です。

しかしモデルをしているときの薫の表情が意外な表情しててびっくりした。

 

 

 

バテる輝

レッスン中にバテてしまう輝。

その様子を見てソロの仕事ってこんなにハードなの?怖いんだけどとビビる隼人。

それに対して薫は問題ないとまだ余裕そう。

四季は「流石メガネ~ズのリーダーっす!」と薫を賞賛しますが、

「スケジュールを考慮して行動している」と冷静な反応。

しかし薫はメガネ~ズに対してはもうツッコミを入れないのかw

それとも本当はツッコミを入れたいがその気力がないのか…

 

Pは一人険しい顔をして見守っています。

 

 

 

レッスン終了後

久しぶりに三人で食事でも行きませんかと翼。

輝は乗り気ですが、薫は明日も仕事があるからと一人帰ります。

仕方ないこととはいえ、翼はちょっとさみしそう。

 

 

 

いつものファミレスで カフェパレ

ついにカフェパレの5人が登場!

机の上いっぱいにケーキを並べてみんなで試食しています。

しかしファミレスのケーキや紅茶をあんなに賞賛するなんて

よっぽど完成度の高いデザートなんでしょうか…

毎回ドラスタの3人もあのファミレスに行くことを考えると

実はめちゃくちゃハイレベルなファミレスなのでは。

 

それにしてもやっぱり咲ちゃん可愛いな。

カフェパレの5人の話も見たいので2期絶対にあってほしい

 

 

 

いつものファミレスで 輝と翼

薫のことを心配する翼ですが、心配の仕方が本気すぎる…

輝もソロ活動をしているので、ちゃんとご飯食べてますかと輝のことまで

心配して詰め寄ります。

本当に二人のこと好きなんだなぁ。

 

しかしご飯が喉を通らないといいつつもチーズハンバーグ定食と

カルボナーラの大盛りとカツ丼を頼んでいるのはどうなんだw

 

 

 

薫の自室

小さな頃の薫が女性と一緒に嬉しそうに写っている写真。

今はあんなにクールなのに子供の頃はそんな感じが全くないですね。

 

疲れてベッドに横たわっているところに輝からの電話がかかってきますが、

輝からだとわかると無視するのがいかにも薫らしいw

しかし電話が鳴り止まないので仕方なく出ることに。

 

輝からは明日ドラスタでミーティングするから絶対来いよなという要件。

有無を言わさず要件だけ言ったらすぐに切ってしまいます。

まぁ話をしたら断られるでしょうしね。

 

 

 

温泉旅館

温泉旅館に来るドラスタの三人。

ミーティングとは聞いていたが合宿とは聞いていないと薫は不満そう。

しかしPとの電話で、Pもグルだとわかりちょっと諦めがついた様子。

これくらいしないと薫は絶対休まないだろうし、

強引なくらいがちょうどいいのかも。

翼は久しぶりに薫と一緒に食事ができたり、話ができたりして嬉しそう。

 

その一方Pには薫に何かのオファーが来ているようです。

スケジュールボードを見ると薫は相当に過密スケジュールみたいですが、

仕事の詰めすぎで倒れたりしないのだろうか…

そしてよく見ると輝も相当の過密スケジュールとなってますね。

 

 

 

スト2組目

薫がお風呂に向かう途中で雨彦さん登場!

セリフだけ聞いたらお風呂掃除したよって意味に聞こえますが、

キャラとしては別のものを掃除したってことですよね。

一体何があったのか…

 

 

 

お風呂で

合宿のときになかった入浴シーンがここに来てこんな形で補完されましたw

結構ガッツリと裸体が描かれてますね。

薫は予想通りかなり細めの体型、翼は思ったより細い、

輝は結構がっしりした体型ですね。もうちょっと細くてもいいのでは?

 

お風呂に浸かりながらどんなライブにしたいのかを尋ねる輝。

輝はみんなが笑顔になれて、挫けそうになってもまた頑張ろうと思えるライブ。

翼は今までで一番大きくて、一番輝く場所なので

ファンと一緒に最高の景色を作りたい。

薫はどんな仕事も完璧にこなすだけ。

 

それぞれの思いがあるとは思いますが、現時点で薫から見れば

ライブは仕事の一つにすぎないという認識なのでしょうね…

輝と翼がライブに強い思い入れがあることと比較すると

二人との間には若干温度差があり、それがどう影響してくるのか…

 

 

 

薫の理由

薫がそこまでしてトップアイドルになりたい理由を聞く翼ですが、

返ってきたのは意外にも「金のためだ」という返答。

想定外の答えに輝も翼もショックを受けているようです。

特に翼はかなりしょんぼりしています。

輝は無理矢理「ま、色々あるよな」と納得しようとしている感じがありますが、

さすが最年長なのか、割り切ってるという感じもします。

 

 

315プロにいるみんなはかなり純粋な気持ちでアイドルをしているから、

それぞれ目指す理想のアイドル像は違っても、目的や目標は一緒で、

それに向かって全員で頑張っていこうと根底にあるキラキラした気持ちは同じだと

輝も翼も思っていたはずです。

 

実際生きていくためにはお金が必要だし、

二人共良い歳した大人なのでお金の重要さはわかってはいますが、

頭では理解してもアイドルになりたい理由としては

受け入れがたいものがあるのでしょう。

しかも何のためにお金が必要なのかわからないというのも、

卑しい理由のように思えてショックなのかもしれません。

 

 

 

事務所へ帰還

温泉旅行から事務所に戻ってくるドラスタの三人。

Pが薫に話があるということで二人は別室へ。

 

買ってきたお土産を食べる輝・翼・ピエール・旬・夏来・硲さん。

たまたま事務所に来てたメンバーなのかな?

信玄餅をさり気なくアピール!

理由あって山梨の商品の一つですね。

 

 

 

Pと薫

ミュージカルの主役が降板したので

薫も代役の候補者のうちの一人としてオファーがきていたようです。

有名な演出家、話題のミュージカルということで、

参加の意欲を示す薫ですが、ライブも近い中、

スケジュールを組むのが難しいため断るつもりとPから宣言されます。

 

それでもソロ活動が落ち着いてきたから時間はあるはずだと、

なお食い下がる薫ですが、空いた時間は薫が休むための時間だ、

これ以上は薫がもたないからとPも一歩も引くつもりがありません。

 

自分を信じられないのか、このチャンスを棒に振ってまたチャンスがあると

保証できるのか、この業界は甘くないはずだと薫は声を荒げます。

それでもPは何も言わず薫を見つめます。

 

自分を導いてくれたPが僕の夢を遮るのかと言い放ち、

何かを諦めたかのように薫はただ一言「分かった。僕には君は必要ない」と告げ

事務所から出ていくところで終わります。

 

 

う~ん。最後の最後でシリアス展開来ましたね…

予想通りといえば予想通りですが、やはり悲しいものがありますね。

展開的には薫が事務所を辞める方向に話が転がっていくけど、

輝と翼が引き戻すという流れになるのでしょうか…

 

しかしドラスタPとしては「君は必要ない」というセリフ、

悪い意味で心にくるものがあります。

早く来週の放送で円満解決で楽しそうにしているドラスタの三人をみたいです。