佐波雑記帳

主にSideMに関する情報やライブの感想などを綴ってます

SideM 第3話 「飛び立つ勇気」感想

善澤さんのインタビュー

善澤さん「アイドルになって目指すものは?」

輝「正義のヒーロー!!です!」

薫に意味がわからないと一蹴されますがう~ん確かに輝の過去を知らないと

あんまり意味わからないかもですねw

 

薫はトップアイドルになりたいとだけ言います。

薫がアイドルになった経緯は物語の最後の核心となる話なのかもしれません。

 

翼は最高の景色が見たいからとのことで、

翼のアイドルになりたい理由がちょっと明らかになりました。

 

ところで薫が輝にバカとよく言いますが、輝が元弁護士というインテリだから

罵る言葉としてはあんまりしっくりこない…

 

 

 

315プロの事務所で

輝の「正義のヒーロー!」というセリフは練習してたのか…

鏡の前でポーズ取りながら練習するとか、28歳なのに可愛すぎでは?

そして「ミラーがないと見られないだろ」 「宣材写真を撮って潜在能力が爆発」

各話ごとに1個はギャグを入れるスタンスなのかな。

 

 

 

新衣装

ついにDRAMATIC STARSとしての衣装をPが持ってきてくれます。

スターティングラインの衣装ですね。これやっぱ好きだわ…

2年半前にSideMにハマったきっかけが、輝とあの服のカッコよさだったので、

やっぱり初期の衣装こそ大事にしたいなって思いますね。

 

翼の「これからはこの衣装が俺の制服になるんですね」っていうセリフ

3話を一度全部見たあと再度聞くとグッとくるものがあります。

なんか愛しそうに大事そうに言っているのがとてもいいです。

 

 

 

ドラスタとBeitと類との会話

トップバッターでデビューするドラスタに興味津々というかんじでしょうか。

テレビに出ると言ったときの、みのりさんの熱湯風呂発言は年齢を感じますねw

若く見えてもアラサーなんですよね…

 

 

 

レコーディング風景

手でリズムを取りながら歌う輝、音に集中して歌う薫、緊張しながら歌う翼。

やっぱり個性が出ますね。特に翼は歌が苦手なので頑張ってるのがわかります。

 

 

 

CDショップでの宣伝

ドラスタのポスターを貼らせてもらって、その前で写真撮影する輝と翼。

今の御時世だとツイッターとかに投稿する感じなんですかね。

そして薫が見ていた女性ユニットが気になる…

 

 

 

テレビに出てるもふもふえん

今回のゲストはもふもふえんでした。やっぱり可愛いですね。

心がぴょんぴょんしそう…

 

 

 

翼とぶつかる涼

まさかの追加ゲスト!確かにFLAGSの三人が一堂に会するのは変なので、

別々に出てくるのが普通ですよね。

翼が女の子のアイドルとぶつかったことをゲスな顔してからかう輝。

この辺はやっぱり28歳なんだなぁって思いました。

翼は「輝さん!顔がいやらしいです!」と言ってましたが、

そこはもっとストレートに「ゲスな顔」と言ってもいいと思う。

 

 

 

薫とPの会話

薫がアイドルになった理由は明かさず伏線だけ張ってる感じですね。

そして写真撮ってはしゃいでる輝と翼が可愛い。

 

 

 

3人での食事

翼「この3人で食事がしたかったんです」

一緒に食事をすることが運命共同体としての覚悟を決めるという翼の想いを聞いて

輝と薫のことを本当に信頼してドラスタのことを大事に思ってるのがすごい伝わりました。

そしていつもは輝と翼が隣並びで座るのに、今回は輝と薫が横並びで、

翼を正面から見れるように座ってるのが良いですね。

二人とも翼から大事な話があるんじゃないかと考えていたので、

真正面から話を聞けるように対面になるようにしたんですね。

 

あと「翼と一緒に飯食ったことないだろ」と勝ち誇っている輝は仲良しアピールかw

 

 

 

事務所に戻ってレッスンする翼

ご飯食べて二人と別れた後に一人で戻ったのかな。

こんなに一生懸命で、こんなに責任感が強くて、こんなに努力家な姿を見たら

翼のことますます好きになりますね。

ドラスタPとして誇らしく思うし、全力で見守りたいし手助けしたいと思う。

 

 

 

テレビの収録現場

輝があんなに緊張していたので、ちょっとびっくりしました。

意外と繊細なところもあるんですね。

対象的に薫はクールなままでした。

「覚悟が違う」というセリフからもやっぱり今回の話で過去の伏線張ってますね。

 

 

 

リハーサル

過去を思い出して硬直して放心する翼。それにいち早く気づく薫。

翼の様子におかしいことが気づいたのは、薫が元医者ということだけが理由ではなく、

翼のことを気にかけているからでしょう。

 

 

 

楽屋

落ち込んでる翼を輝が励ましますが、

薫は失敗すると決めつけている翼に憤慨し詰め寄ります。

各々の色んな思いが交錯してます…

 

 

 

空港に連れ出すP

空港なら翼も自分の気持ちを伝えやすいし、

輝と薫も翼の気持ちを汲みやすいと思ったのでしょう。

そしてさり気なく飲み物を買ってくると言い席を外す…

ちょっとこのP有能すぎじゃないですか?

 

 

 

翼がパイロットをやめた経緯

どんな理由があって前職をやめてアイドルになったのか。

SideMの「理由あってアイドル」の根幹で大事なところです。

 

翼は初フライトで失敗して、操縦席に入ることができなくなり

操縦士としての夢を諦めざるを得ませんでした。

仕事自体は地上勤務で続けていても、間近で飛行機の離着陸を見るたび

もう一度操縦士として働きたいという想いと、

トラウマによる恐怖で操縦したくないという想いを行ったり来たりして

色んな感情に押しつぶされそうになったのではないでしょうか。

それで操縦士をやめてしまったんですね。

 

トラウマによってデビューも失敗して二人に迷惑をかけると決めつけている翼。

それに対して

輝「オレたちに遠慮してんじゃねーよ!」

「どれだけ失敗しても夢を諦めない。まっすぐに行くだけ」

薫「どんな不測の事態にも対応してみせる。

その用意はできている。(フォローは任せろ)」

 

それでも迷う翼ですが、薫の

「やる気が無いなら今すぐやめろ。アイドルも最高の景色とやらも諦めて

後悔を抱えながら生きていけ。だが、運命共同体だと、

3人でやりたいといったのは君だ。あの時の言葉は嘘だったのか」

という言葉で、DRAMATIC STARSとして3人でやりたいと翼の本音を引出します。

 

もうね。泣きました。翼の不安な気持ちをそれぞれのやり方で受け止める輝と薫。

特に薫の突き放してるように見えて絶対の信頼を置いているようなあのセリフで、

翼のことを仲間として大切に思っているんだなぁとよくわかりました。

 

翼はドラスタのバランサーではありますが、3人の中で最年少ですから

輝と薫の前では弱いところをさらけ出してほしいし、二人には受け止めてほしい。

 

 

 

本番+EDSTARLIGHT CELEBRATE!

翼の「輝さんと薫さんと一緒なら!」とSTARLIGHT CELEBRATE!でまた泣きました。

「何が大切かはもうわかっているんだ それは飛び立っていく勇気さ」

翼が飛び立つ勇気をもてたのは輝と薫のおかげで、

これがドラスタなんだなぁと改めドラスタも

STARLIGHT CELEBRATE!好きになりました。

 

 

ダンスはところどころCGの部分があるんですね。

あえてそういう演出なのか、時間がなくてCGなのか…

やっぱり手書きが好きなので、DVDBDでは手書きに修正されてると嬉しい。

 

 

 

BeitHighJokerS.E.Mからの寄せ書き

言葉に個性が出てますね~。まだちょっと他人行儀でぎこちない感じがしますが

出会ってそんなに時間が経ってないから当たり前か…

 

 

 

次回予告

次回はBeit回!仲のいい三人がドタバタする感じかな~

各ユニットごとに焦点当てられるみたいで楽しみです。